Apple Watch Series 3とランニングウォッチで計測精度を比較してみた(Apple Watch Series 3レビュー)

Apple Watchのウリの一つに、アクティビティトラッカーがあります。

活動量を記録して、日々の生活を改善したり、アスリートのトレーニングを支援する、という機能です。

カロリー消費、歩数、スタンド回数、心拍などが記録されるので、日々の生活の状況が把握できて面白いです。

今回は、ランニングにApple Watch Series 3を着けて、ランニングに行ってきました。

Apple Watch Series 3とランニングウォッチの比較

計測精度を比較するために、普段使っているランニングウォッチも一緒に着けて、比較してみることにしました。

ランニングウォッチはSF-810という、エプソン製のGPSランニングウォッチで、2014年秋のモデルです。

SF-810とApple Watchはどちらも、

  • 日本の準天頂衛星「みちびき」にも対応(Apple WatchはSeries 2から対応済み)
  • 光学式心拍計を装備

という、カタログスペック上は同等の機能を持っています。

Apple Watch Series 3がランニングウォッチと同等の性能であれば、ランニングウォッチは引退かな、と考えていました。

それでは結果を比較してみましょう。

Apple Watch Series 3(単体)の計測結果

コースはほぼ住宅地+公園で、背の高い建物はほとんどありません。

天気は晴れていたので、衛星の補足具合は悪くないはずです。

ちなみに、iPhoneは持たずに出かけたので、Apple Watch単体で位置を計測しています。

▼走行軌跡。

軌跡が見事にガタガタしています。

軌跡のほとんどが、道路ではないところで記録されています。

▼心拍。

SF-810の計測結果

▼走行軌跡。

Apple Watchに比べると、かなりスムーズな軌跡です。

▼心拍。

一部を拡大してみました。

上がApple Watchで、下がSF-810です。

まとめ

うーん、予想以上にGPSの精度が低かったです。

5kmちょっとの距離を走って、150mの誤差ということは、フルマラソンを走ったら1km以上の誤差が累積される可能性があります。

この程度では、少なくともレースでは使えませんね。

iPhoneを持って走ると、もっと精度が良くなるんでしょうか。

また試してみたいと思います。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 注文編 ▼注文しました。 ...
The following two tabs change content below.
都内在住のIT系エンジニア兼コンサルタント。趣味はマラソン、バイクツーリング、スキー、Apple系ガジェット、カメラ、料理など。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、将来に危機感を感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 将来の夢は「常に旅をするような生活」。