Apple Watch Series 3 Nike+の開梱&セットアップ(Apple Watch 3 レビュー)

心待ちにしていたApple Watch Series 3 Nike+を、無事に発売日にゲットすることが出来ました(Nikeモデルは10月5日が発売日)。

さっそく初期設定を済ませて、装着しています。

さっそくApple Watch Series 3 Nike+を開梱

▼外箱。

黒くてクールな雰囲気です。

▼フタを開けると、いつもとは違うフレーズが。

Nikeの名前も入っています。

▼Apple Watch本体。

梱包の仕方は、iPhone系と同じような構造になっています。

本体は、一番地味なブラックにしておきました。

基本的に毎日着けっぱなしになるので、ON/OFF両方で使えるカラーを選びました。

▼さらに中身。

本体の下に充電ケーブルとACアダプタが入っていました。

充電ケーブルはUSB-Cの方が良かったなぁ。

▼同梱されているベルトは2種類。

長い方がM/Lサイズ、短い方がM/Sサイズです。

僕は手首が細いので、M/Sサイズに付け替えました。

余談:リンゴのシールが入っていない

Apple製品を購入すると必ずもらえていた、リンゴのシールが入っていませんでした。

使い道が微妙なシールですが、入ってないのもちょっと味気ないものですね。

Apple Watch Series 3 Nike+のセットアップ

さっそくセットアップを開始します。

セットアップにはiPhoneが必要になります。

▼Watchアプリの起動。

このあと、Watch本体を近づけてペアリングを行い、指示に従ってセットアップを行いました。

▼セットアップ完了。

忘れずにモバイルSuicaもセットアップ

今回は、おサイフケータイからApple WatchにSuicaを移動します。

事前におサイフケータイ側で機種変更の手続きを済ませておきます。

▼Suicaアプリを起動。

ここで「機種変更」をタップして、指示に従って操作をしていきます。

ログイン認証を済ませると、Apple Payの選択になります。

▼選択画面。

そして、iPhoneまたはWatch、どちらにSuicaを追加するかを聞かれるので、ここでApple Watchを選択します。

▼設定完了。

これで、JR東日本エリアはApple Watchで乗り降りすることが出来ます。

新幹線に乗る場合は、iPhoneのアプリでモバイルSuica特急券を購入します。

ようやく古いXperiaのおサイフケータイから卒業することが出来て、荷物が一つ減りました。

Apple PayのSuicaになったことで、EX-IC連携が使えなくなったのはちょっと不便ですが、最近は東海道新幹線に乗車する頻度が減ったので、それほど問題ないでしょう。

今日からApple Watch生活、はじまりました

まだ使い勝手をよく理解していないので、これから徐々に使いこなしていこうと思います。

装着感や使い勝手は、また別の記事でレビューしますね。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 注文編 ▼注文しました。 ...
The following two tabs change content below.
都内在住のIT系エンジニア兼コンサルタント。趣味はマラソン、バイクツーリング、スキー、Apple系ガジェット、カメラ、料理など。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、将来に危機感を感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 将来の夢は「常に旅をするような生活」。